フェア・イベント

セミナー名
~労基署調査と法規制強化への対処術~
労務管理対策セミナー
開催日時 2017年5月19日(金)15:00~17:30(受付開始14:30~)
開催場所 情報創造コミュニティー
定員 30名
対象 総務・経理部門
セミナー概要

いま、企業の労働環境は目まぐるしく変化しています。テクノロジーの進化や女性の社会進出などにより働き方が多様化し、労務コンプライアンス強化や生産性向上のために労働時間の削減が求められています。政府は、制度改正も視野に入れながら、指導や取締まりを強化しており、こうした労働環境の変化への対応が必要不可欠です。

セミナー内容 第1部 15:00~16:00
働き方改革をはじめ、行政のめまぐるしい動きに留意!!待ったなしの「労働時間管理」
平成26年11月以降、過労死等防止対策推進法が施行されて以来、ブラック企業と呼ばれる事業場に対して、さらに一段と過重労働に対する行政の監督指導が強まっています。一方では、社員が適切な労働時間で働き、きちんと休暇を取得できるよう行政がツールを開発して、働き方改革を進めています。
いずれにしても、このめまぐるしい行政の動きに対応するためには、企業として、労働時間の適切な管理が求められてきます。そこで本セミナーでは、待ったなしの「労働時間管理」についてわかりやすく解説致します。

(講師:CSアカウンティング株式会社 特定社会保険労務士 古田 敏明 氏)

 



第2部 ~第2部は、<第1セッション><第2セッション>からご希望のセッションをお選びください~
第1セッション 16:15~17:15
『働き方改革』は社内の勤怠管理見直しから ~勤怠管理サービスで労基署対策!~
過重労働解消をしていくためには、まず「現状を把握すること」です。労働時間を社員が確認できる環境はありますか?本セミナーでは、労働時間管理の効率化を追求した勤怠管理「勤怠管理サービス」による対策例を詳しく解説します。

(講師:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

 


第2セッション
働き方改革の第一歩!Officeのクラウド活用方法のご紹介
過重労働の解消、育児介護への対応をはじめ、総合的な労働生産性の向上というテーマはあらゆる企業の共通課題です。本セミナーでは、マイクロソフトのクラウドサービス「Office365」の活用による、在宅勤務などの多様な働き方への対応や、日々の業務におけるスタッフと現場との情報共有などの事例をデモを交えてご紹介します。

(講師:協立情報通信株式会社)
※セミナー名、内容、時間は変更となる可能性があります。 

申込み お申込みは締切致しました。
 
セミナー名
業務プロセスの改善で効率化と情報化を進める!
改正電子帳簿保存法対策セミナー
開催日時 2017年5月26日(金)14:30~16:35(受付開始14:00~)
開催場所 情報創造コミュニティー
定員 30名
対象 総務・経理部門
セミナー概要 高度情報化・ペーパーレス化が進展する中で、会計処理の分野でもクラウドを使用した書類の作成が普及してきています。昨年度には、電子データ等により一部書類の保存を認めた「電子帳簿保存法」が見直され、より迅速な経理処理を行えるようになりました。今回は昨年見直しされた制度の概要と、経理の業務ワークフローを改善するためのポイントをご紹介します。
セミナー内容 <第1セッション> 
電子帳簿保存法により経理の業務改善 ~スキャナの保存制度の要件を理解してその活用を考える~
改正電子帳簿保存法は、紙の証憑管理を電子化することで大幅な業務コストを削減できる、すべての企業に影響のある大きな改正です。本セミナーでは、この電子帳簿保存法の内容と業務コスト削減効果を中心に紐解きながら、その取り組み方を実務的な視点で解説いたします。

(講師:アクタスマネジメントサービス株式会社/アクタス税理士法人 加藤 幸人 氏)

 



<第2セッション>
経費精算のあり方を考える!!電子帳簿保存法で経費精算業務がこう変わる
電子帳簿保存法におけるスキャナ保存制度は、ここ数年の税制改正で大幅に緩和され、領収書や請求書などの書類は、要件に従ってスキャンし保存すれば、最後は廃棄することができるようになりました。まずはスキャナ保存制度の要件を理解して、ペーパーレス化や保管コストの削減、さらには「勘定奉行」の活用による経理の業務改善を実現ませんか。

(講師:パナソニックネットワークソリューションズ株式会社 久保木 純希 氏)

申込み 満席のため、申込受付を締め切らせて頂きます。
 
セミナー名
勘定奉行とマイクロソフトAzure&Office365で実現する
経営情報ソリューションをご紹介
開催日時 2017年6月6日(火)
14:00~15:30(受付開始13:30~)
開催場所 日本マイクロソフト株式会社 セミナールーム(東京都港区)
定員 10名
対象 情報システム部門、総務・経理部門
セミナー概要 企業の持続的成長を支える情報システムの基盤として、クラウドの利用は必須の条件となっています。
現在では、会計業務や勤怠管理などもクラウドに対応し、導入・運営する企業様も着実に増えてきております。この度、マイクロソフトが提供しているクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」をベースに、業務基幹システム「奉行シリーズ」を運用する要点やメリットを、事例を交えてご紹介します。

※セミナー名、内容、時間は変更となる可能性があります。
申込み お申込みフォームはこちら ※申込締切:開催日の3営業日前 15:00まで